トレードシナリオの立て方。チャートの未来を読むためのノウハウを伝授!!


ポチッとクリックお願いします

クリックすればこのブログが何位かわかるよ^^/


みなさん、こんにちは〜!! 

毛布の上に乗って寝ていた猫が毛布の中に入るようになりました!こたつです (๑`・ᴗ・´๑)

寒くなってきたんですね〜。皆さんも風邪ひかないようにご自愛くださいね。

さて、今日はたったら〜ん、シナリオについてです。

トレード戦略を練る時に、未来のレートの動きを予想しますよね。それがシナリオです。

あなたは、エントリーまでに何回シナリオを描きますか?何パターン描きますか?

シナリオを一回しか描かないという方、

そもそもどのタイミングでシナリオを描けばいいのか分からないという方は

絶対に!この記事を最後まで読んで行ってくださいね。

それではよろしくお願いします( •̤ᴗ•̤ )

 

シナリオを描く前の下準備

シナリオを描く前にすべきこと2点についてです(๑・㉨・๑)

規則性を見つけましょう

これをしないとシナリオを描けません。

先ずやることは環境認識です。

現在の相場が上昇トレンドなのか下降トレンドなのか、レンジなのか見極めましょう。

さらに言うと、トレンドでもレンジでも綺麗なものであればあるほど勝負がしやすいです。

綺麗=規則性がつかみやすい

と覚えておくと環境認識もはかどると思います。

規則性は、強力なエントリー根拠になりますからね。

逆に言うと、ちょっとでもレンジかトレンドか判断に迷うような相場は見送るべし(*`・ω・)ゞ

また、勝負どころに選ばれやすいトレンド相場であっても、

規則性がつかみにくいトレンドの場合は見送った方がいいですね。

環境認識ができるか自信がないよという方はこちらの記事で力試しをしてみてください!

環境認識能力をクイズで測定 | FXの戦場に必要な最低限の能力3つ

直近の抵抗帯も意識しておきましょう

環境認識が出来たら次にすべきは抵抗帯の確認です。

例えどんなに綺麗なトレンドでも、上位足の節目を前にしてコロッと反転するなんてことは当たり前のようにあります。

ですので上位足の移動平均線や、トレンドライン、水平線等の抵抗帯は必ず確認しておきましょう。

  • 規則性がつかみやすい相場で抵抗帯がなければシナリオを描ける

既に勝負は始まっている!シナリオ第一弾

上位足の抵抗帯やこれまで引いてきた水平線などが近くになければ、

規則性が続くと仮定してシナリオを立ててみましょう٩(๑•∀•๑)۶

まず、この段階のシナリオは最低でも3パターンは描く必要があります。

  1. 規則性が維持されたパターン
  2. 規則性が崩れたパターン
  3. 新たな規則性が生まれるかもしれないパターン

それぞれのパターンを描いたら、

実際にそのパターン通りになった場合に自分はどうするのかまで決める必要があります。

では図と共にパターンの説明をしていきます(•̀ᴗ•́)و ̑̑

規則性が保たれたパターンでは、エントリーポイントと、損切りライン、利確ラインの3つを仮決定しておきましょう。

尚、この時点で自分の手法にあった損切り幅・利確幅にならなそうであれば他の場面を探すことになります。

規則性が崩れたパターンでは、見送りとなります。

環境認識からもう一度ということになります。新たな規則性が産み出されるまでしばしお待ちを(´・ω・)っ旦~

ただ、実際に相場の動きを追っていくと1と2は見極めが難しいです。2のパターンなのに1だと思ってエントリーすることもしばしば。

つまりは、エントリーした瞬間に2のように規則性が崩れることを想定して損切りを仮設定するのがベターということですね。

 

新たな規則性が生まれるかもしれないパターンというのは、

トレンドが更に急上昇したり、レンジの中で三角持ち合いになったりというように、

これまでの規則性を維持しながら更に細かく規則的に動く場合のことです。

上図左下のように、トレンドの場合は期間の短い移動平均線が効くようになる場合もあります。

こうして新たな規則性が生まれればシナリオ第一弾をもう一度描き直しましょう(•̀ᴗ•́)و ̑̑

  • 自分の手法に合わない展開であれば見送る
  • 新たな規則性が生まれるまでしっかり待つ

エントリー直前の最終確認!シナリオ第二弾

シナリオ第一弾の「規則性が保たれたパターン」のとおりに相場が動いてきました!

エントリーポイント直前!

そうなったらシナリオ第二弾の出番です(۶•̀ᴗ•́)۶

シナリオ第二弾では、3つのパターンを想定します。

  1. 上がるパターン
  2. 下がるパターン
  3. 揉み合うパターン

 

上がるパターンと下がるパターンを想定することは、損切りラインや利確ラインを設定する際の根拠を増やすこととなります。

更に、利益と損切がどれくらいになりそうかを把握することは、エントリーを実行すべきか否かの判断を助けてくれますね (๑`・ᴗ・´๑)

この時、例えば勝率が50%以下の手法の人は、利幅<損切幅であると判明すればエントリーを見送ることになります。

こたつ

また、3の揉み合うパターンは利確も損切りもされずに値動きが停滞するパターンです。

この場合撤退するのか/しないのか。するならポジションがマイナスでも自分は決済するのか。

ということを考えておくといいと思います。

この時に損切り幅を広くて新たな衝撃にも耐えようと思いがちですので要注意ですよ。

損切り幅を動かすぐらいならマイナスポジションだとしても一度決済して、もう一度戦略を練った方が資産を守れます。

予め、自分がどうするのか決めておきましょう(۶•̀ᴗ•́)۶

  • エントリーしたい気持ちを抑えて3パターン想定する
  • 自分の手法に合わない展開であることが判明すれば潔く見送る

まとめ

  • シナリオは最低でも2回×3パターン描く
  • シナリオを描くことで見送るかトレードするかという判断が容易になる
  • シナリオを描くと無駄なエントリーが減り、トレードの精度が上がる

いかがでしたか?

未来の相場をただ予想しろって言われるとそんなん無理やぁ(/´△`\)

って気がしてきますが、この記事で紹介したパターンならあなたにもできるはずです。٩(๑•∀•๑)۶

実際にシナリオ描くことで、チャートに向き合っている自分の脳が整理され、どんどんクリアになっていくことも感じられると思います。

脳がクリアになるとサインの見逃しが減ったり、大切な判断を丁寧にこなせたりと正のスパイラルを巻き起こせるかもしれません。

是非試してみてくださいね( •̤ᴗ•̤ )

4 COMMENTS

こたつ

これはこれはありがとうございます。こちらこそよろしくおねげぇ申します。( •̤ᴗ•̤ )

返信する
大野

初めまして。ツィッターからこちらのブログに来ました。解説口調が良くてすんなり頭に入ってくる感じです。色々、読ませていただきます。

返信する
こたつ

ありがとうございます。ぼちぼち更新していきますので、よろしくお願いします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です