FX初心者には見えないものとは | 水平線の引き方

こんばんは、こたつです。旅から帰ってきました(`・ω・´)ゞ!!

今日は、水平線についてです。


ポチッとクリックお願いします

 

クリックすればこのブログが何位かわかるよ^^/


FXにおける水平線とは、相場に存在する見えない壁のようなものです。

水平線に近づくと何度もレートが反発したり、逆に水平線を突き抜けると一気にトレンドが加速したりということはよくあります。

FXを始めたての頃は、この見えない壁の存在に気が付けず、

(∴◎∀◎∴)ええー!突如反転!?なぜ!?謎!

といった具合に、相場に振り回されることもあると思います。

ですが、

水平線の見つけ方や引き方はとてもシンプルで簡単なんです(・∀・)

故に、水平線は熟練トレーダーだけのものではなく、駆け出しトレーダーにとっても扱いやすく頼りになる分析ツールになると思います。

逆に言えば、プロアマ問わず意識される水平線を見えないままにしておくのは、壁に向かって目隠しで全力疾走するのと同じくらいスリリングで危険な行為なのではないでしょうか⊂(◉‿◉)つ スリルもいいけどね

是非この記事を読んで、水平線の引き方までマスターしていってください。

 水平線とは

水平線にはレジスタンスラインサポートラインの二つがあります。

f:id:nekofx:20190301084828j:plain

線を引いたところでレートが何度か反発していますね。

レジスタンス(resistance)には抵抗や障害という意味があります。ぐんぐんと上昇してきたレートも跳ね返すので、上値抵抗線とも言われます。

サポート(support)には支持や支援という意味がありますね。下降してきたレートを支えるように反発上昇させるので、下値支持線とも言われます。

レジスタンスライン・ サポートラインとしての呼び方の方がよく使われるので、初心者の方はこちらだけ覚えておけば問題ないと思います(・∀・)

なぜ水平線が意識されるのか

我々トレーダーは過去の値動きを分析して通貨を売買していますよね。そして、我々が向き合うチャートには、意識されやすい価格帯というものが多数存在しています。多くのトレーダーに強く意識される価格帯は強力な水平線となっています。

例えば

過去100年間のチャートを見て、毎度毎度100円まで下げるけどそこから反発して上昇していくという事実を発見したら、あなたならどうしますか?

100円まで売りポジションを保有して、100円になったら買い戻そう

100円まで下がったら反発する可能性が高いからそこで買いポジションを持とう

このように、多くのトレーダーが100円付近まで下がったら買い注文を入れたいと思うはずです。この100円付近は多くのトレーダーに強く意識される価格帯ということになりますね。

こうして100円付近には強力なサポートラインが生まれます。

もちろん小さな過去の値動きも、トレーダーたちは参考にしています。

例えば

直近の高値を決済目標にしよう(ง`0´)ง

安値を下回ったら損切りしよう|ω・)

こういったトレード戦略も、とある価格を意識していることから生まれたものですよね。

そしてその価格帯が、一度や二度ならず何度も意識されれば、注目度は高まっていき、より強力な水平線へと変貌を遂げていくのです( ´ー`)

しかし、いくら強力な水平線になったとしても、多くの水平線はいつかブレイク(突破) されてしまいます。ブレイクされた後はどうなるのでしょう。

 ブレイク後はレジサポ転換?

画像をご覧ください。一本の水平線の役目が、コロコロと変わっているのがお分かりになると思います。○レジ ○サポ

f:id:nekofx:20190228192720j:plain

レジスタンスラインがサポートラインに変わったり、サポートラインがレジスタンスラインに変わったりすることをレジサポ転換と言います。

このレジサポ転換が起こる以上、一本の水平線は何度も機能する可能性があるということになります。

画像のチャート内にも、直近だけではなく何度も繰り返し意識されている水平線があることがわかりますね。この画像の短い期間でも幾度と意識されているなら、今後の値動きにも影響を与えそうな水平線ですね。

と、

ここで逆転の発想です(☆∀☆)閃

これまでの水平線を見つけてしまえば、現在のチャートにも活かせる可能性が高いのではないでしょうか(*゚▽゚)ノ

水平線の引き方

ということで、実際に水平線を引いてみましょう

手始めに同じ価格帯で何度か反発しているところに引いてみましょう。

過去でも現在でもどこでもいいので「あっ、ここ水平線ありそうだな」って感じられる場所にしましょうね( •̤ᴗ•̤ )

f:id:nekofx:20190301140902j:plain

ひとまず、試しにこの画像に引くとしたらどこに引きますか?

迷ってしまう方は、少しだけ大胆になってしまいましょう。

コツ1 ラインというよりベルトのようなイメージで引く

f:id:nekofx:20190301142623j:plain

大体でいいみたいです(•̀ᴗ•́)و ̑̑

コツ2 反発が繰り返されていなくても、高値・安値に引いておく

f:id:nekofx:20190301144231j:plain

高値や安値の見つけ方が不安な人はこちらの記事をご覧ください

ダウ理論で目線をつけてみよう | 正しい高値・安値の見つけ方

コツ3 意識されてないラインは消す

ラインの近くで反発が見られないラインは、抵抗帯にはなれなかった高値・安値です。

一度も反発がなく、3度くらいスルーされるようならそのラインは消してしまいましょう。

MEMO

f:id:nekofx:20190301151540j:plain

まとめ

  • 水平線には、レジスタンスラインとサポートラインがある
  • ブレイクされても、レジサポ転換制度によって機能する水平線がある
  • ラインを引く時はベルトをイメージする
  • 高値・安値一つだけでもラインは引ける

最初から効くラインが引けなくても問題はありません。しかし、この記事を読んだだけでも、すでにいくつかは効果的な水平線が引けるはずですよ。コツ1〜3を繰り返すことで精度は上がっていきます。

練習あるのみです。

保護中: 効く水平線を引くために必要な知識とは?実際にラインを引いてみよう

Lineでは新着記事を配信します

友だち追加

参考になったと思ったらポチってくださいな

 

こたつ@FX (@nekotatsu3) | Twitter

1 COMMENT

funqinc

ほんと平行線見極めたいっすw
毎日損益報告してますが、よければ僕にもアドバイス下さい(ーー;)

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です