XMの魅力を徹底解剖。知っておきたいメリット・デメリット

注意
2019年4月からbitwalletからの利益分出金が不可となりました。入金分のみ返金可という形になります。これにより、当記事の内容も編集しました。

こんにちは〜。サイトが復活して大歓喜!こたつです。4日ぐらいサイトが繋がらない状態になっていました。

今日はXMについてです。


ポチッとクリックお願いします


 

クリックすればこのブログが何位かわかるよ^^/


XMは海外のFX会社です。日本人の多くが利用しているFX会社であります。

  • 海外FXを利用したことがない人
  • 少額からFXをしたい人
  • 追証なしのハイレバレッジ取引をしてみたい人

以上のトレーダーにお勧めの会社ですので、メリット・デメリットを包み隠さずお伝えします

 

メリット

1、日本語標記で、日本人の担当者がついてくれるよ

海外の会社ということで、不安になる方もいるかもしれませんが、実は日本語さえわかればOKなんです。

サイト内は全て自然な日本語で書かれていますし、何かあった時は専属の日本人スタッフが対応してくれます。

口座開設から、入金、取引、出金まで、

日本語さえ理解できればこなせるのでご安心ください。

 

2、ボーナスとポイント制度が熱い

XMはボーナスが豊富な会社なんです。

ボーナス自体は出金できませんが、資金として扱うことができます。ボーナスを使って得た利益はもちろん出金OKです。

ボーナスはこちらの3ステップで受け取れます

  1. 口座開設することで3000円分のボーナス
  2. 初回入金5万までは100%ボーナス
  3. 追加入金は、入金額の20%ボーナス

3000円ぽっちじゃ何もできやしないと思ったそこのあなた!

レバレッジのパワーを侮るなかれ、

3000円あればレバレッジ888倍で、2万通貨ぐらいはポジションを持つことが可能です。

国内だと2万通貨のポジションを持つには10万円ぐらい必要ですよね。ですが、XMだと3000円で済むんです。むしろ初回に限っては実質無料で2万通貨保有することができるということになりますね。

2万通貨だと10pipsで2000円です。

ノーリスクノーマネーでお試しトレードするにはもってこいの制度ですね。

 

また、初回入金5万円までは100%ボーナスが付いてきます。5万円入れたら10万円の資金で取引ができるということですから、初めて入金する際は5万円を入金するとボーナスをフルゲットできることになります。

追加入金に対して20%のボーナスは最大50万円分までもらえます。これも嬉しいですね。

 

さらにさらに

トレードする度に、ポイントがつく制度があります。

その名もXMロイヤルティプログラム(公式サイト)

取引高ではなく継続日数でランクが上がり、取引毎にもらえるポイントがどんどん増えていくプログラムです。

最上級のELITEクラスになると1ロット(10万通貨)のトレードする度に730円程貰えるということになります。

このポイント制度だけで月々のお小遣い分は簡単に貯まるので、ありがたいプログラムです。

 

3、最大レバレッジ888倍、安心のゼロカット

海外FX最大の魅力と言っても過言ではありません。

レバレッジ888倍!

国内では25倍ですし、更に引き下げる話が出てるとか出ていないとか。。

国内ではできないことをできるのがXMの魅力なのです。

例えば1ドル=111円の時にUSDJPYで取引するとして、国内と海外の必要資金を比べてみましょう。

レバレッジ25倍→111円×10万通貨÷25=44万4000円

レバレッジ888倍→111円×10万通貨÷888=1万2500円

国内口座だと10万通貨保有するには44万4千円が必要ですが、XMならば1万2500円でいいんです。

少額でしかFXを始められない人にお勧めな理由はこれですね。

さらに、

ハイレバレッジは怖いという方でも大丈夫!

一般的に使用されるスタンダート口座でも1000通貨から取引できますので、徐々に通貨量を上げていくといいでしょう。

 

そしてそして

XMにはゼロカットシステムがあります。

残高がマイナスになってもXMが負担するよっていうシステムです。

これによって、突発的な値動きに対応しきれなかったとしても、借金を背負うことはありませんね。

ゼロカットによって安心してトレードすることができます

 

4、多様な入金方法・迅速な反映・複数口座を持てる

現在の入金方法は全部で6つあり、

クレジットカードとbitwalletは入金後即時に反映され、

国内銀行(右下のLocal Banks Transfer)でも30分ほどで反映されます。

 

あともう一つ言えば、1分ぐらいで追加口座が簡単に作れることも魅力的です。

出金には手数料がかかります。そこで、

出金する緊急性はないけど、トレード資金にしておくのはゼロカットの対象になっちゃうし不安だなという場合に、追加した口座内に資金を移動しておくのも手です。これもボタン一つで即座に反映されます。

また、新しい手法を試す用口座・デイトレード口座・スキャルピング口座などと用途に応じて口座を分けておくことで、ゼロカットから資金を守るだけでなく、トレード分析がしやすいというメリットもあります。

 

5、信頼性安全性が高い

XMは2009年から運営開始し、2018年には新規口座解説数100万人を突破しています。

これは国内ナンバーワンシェアを誇るDMMの口座数を上回る数字となっています。

おそらく日本人が一番利用しているのがXMなのではないでしょうか。

またXMでは、出金拒否されたという噂を聞いたことがありません

規約違反を犯しておいて出金拒否されたと書き込んでいる事例もある模様ですが、不正利用の末に得た利益は出金拒否されて当たり前ですよね。

利用規約に沿って、通常取引していれば出金拒否されることはないのでご心配ください。私は、一度も出金拒否されたことはありません。

またXMは完全信託保全ではありませんが、顧客資金と経営資金をバーグレイズ銀行にて分別して保管しています。

顧客資金に手をつけずに運営しているのでXMに万が一のことがあっても、顧客の資金が使われることはありません。

 

6、驚異の約定力

全取引の99.35%が1秒以内で執行されます。

当然約定拒否もありません。

実際にトレードしていても、スリッページやラグを感じた事はなく、ポンポン約定してくれる印象があります。

公式サイトにあるように、「FXにおいて約定力が全てである」と謳っているだけありますね。

 

国内業者のDD方式とは違い、XMはNDD方式を採用しているので、素早い約定と公正なトレードが可能となっています。

・DD方式→FX会社がトレーダーとインターバンクの間に介入する

トレーダーが損をした分儲かる

 

・NDD方式→FX会社がトレーダーとインターバンクの間に介入しない

スプレッドから利益を得ている

7、取り扱い通過ペア多数 仮想通貨も取引できる

FXの通貨ペア:57

コモディティ(商品):8 ココア・コーヒー 等

貴金属数:2 ゴールドとシルバー

仮想通貨:5 ビットコイン・リップル  等

エネルギー:5 OIL 等

株式:17 日経225等

通貨ペア数だけでも十分な数ですが、GOLDや日経225、仮想通貨などが同一口座から取引できるのはかなり柔軟ですね。

注意
仮想通貨はMT5でしか取引できないので、仮想通貨も気になるなーという方は口座開設の時にMT5を選択してください

 

8、web上セミナーや、売買シグナルの閲覧権利をGET

XMには、トレーダーの成長のために提供しているサービスもあります。

まず一つ目は、WEBとセミナーをくっつけた造語、ウェビナーというものがあります。

ラインナップはこんな感じですね。会場とかに行くのは抵抗があるけど、大手FX会社の提供するセミナー気になる〜という人は、WEB上で受けられますし、試してみるのもいいかもしれませんね。

 

二つ目は、売買シグナルを閲覧することができます。

具体的に何が分かるかと言うと

  1. 相場の今の状況の解説
  2. エントリーポイント
  3. 損切り・利確ポイント
  4. 抵抗帯

pips単位で損切り・利確ポイントは表示してくれるので、かなり細かい値までプロの見立てを共有してもらえます。

達人の分析を参考にしたいという方は試してみるのもいいかもしれません。

 

あとは売買比率なんかも公開していますよ。

緑が買い、赤が売りです。どちらの圧力が強いのか一目瞭然ですね。

これは、ログイン前のトップページで見られますので、参考までに覗いてみてもいいですね。(PC限定)

 

デメリット

1、出金する時には注意が必要です

XMは海外のFX会社ですので、マネーロンダリングを防ぐため、出金方法には約束事があります。

MEMO
マネーロンダリングとは、汚れたお金の出所を分からなくするために、送金や出金を転々と繰り返すことを言います

ということで、送金した時と同じ方法で出金(=返金)することになります。

クレジットカード・ビットコイン・bitwalletのいずれかで入金

→入金分は入金時に利用したサービスに返金処理+利益は海外銀行送金

 

例:ビットコインで5万円入金かつbitwalletで8万入金し3万円の利益が出た場合

→ビットコインに5万円返金かつbitwalletで8万円返金+利益は銀行送金

利益の3万円を銀行に送ってくれとお願いしてもビットコインに返金することが優先されます。

 

ちなみに返金処理の場合、手数料はXMが負担してくれるのでまだいいですが

海外銀行送金の場合は4000円ほどかかるので、気軽に出金とはいかないところがネックですね。

 

2、スプレッド広め

XMのスプレッドは国内業者と比較すると広く感じると思います。

2019/4/11 のスプレッドはこんな感じですね。

 

これには理由があって、NDD方式を採用している会社が利益を出すにはスプレッドに頼るしかないんですね。

それと引き換えに

  • レート操作なし
  • スリッページなし
  • 約定拒否なし

というフェアな取引が可能となっているわけです。

実際安定して勝てるようになってくると、注文が即座に通る安心感やハイレバレッジの高利益に魅了され、スプレッドの広さも受容できるというのがあるあるなのではないでしょうか。

参考までに、私のスキャルピング専用口座です。スキャルピングですら、こんな感じに稼げますよ。

少し利益シミュレーションをしてみたいと思います。

トレード日数は6日。合計トレード数は20回です。

1lot(10万通貨)取引する毎に約730円分のXMポイントが貰えるんでしたね。

仮に1lotで取引したとします。となると、今回の利益は・・

XMポイント×取引回数=XMポイント総額

730円×20回=1万4600円

単純利益+XMポイント総額=トータル利益

7万8800円+1万4600円=9万3400円

ということになります。実際にはドルストレートも扱っているので、おおよその値ですけどね。レバレッジ888倍の場合、必要証拠金は1万2500円です。

逆に言えば12万5000円用意できれば、ポイント分だけで14万6000円が稼ぐことも可能ということになります。

6日間でこれですので、広いスプレッドのXMを使う理由がお分かりいただけると思います。

 

まとめ

以上がXMのメリット・デメリットでした。

デメリットもありますが、それを上回るメリットがある会社です。トータルで見ても、XMは優秀なFX会社と言えるのではないでしょうか?

3000円もらうつもりで、口座開設するのもアリかもしれませんね。

XMの公式サイトを見てみる


友だち追加

更新通知します


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です