2つのトレードで64.4pipsを獲得|戦略を信じた者のみが勝つ

自分の戦略を信じていますか?

みなさんこんにちは!金木犀の匂いを切ないと感じる人間、こたつです。

今日はトレードがポンポンきまったので、その時のことを報告したいと思います。

結局、戦略を信じられるかという話なんですよ。(詳しくは終盤で)

戦略はこんな感じ

戦略1 AUDJPY

こちらは先週、紹介していた戦略です。

初心者でもわかる綺麗なトレンドがでていましたね。

戦略:1時間足のMA50で買いエントリー

150pipsの値幅で勝負 EURGBP AUDJPY FXトレード戦略【FX戦略】トレンドの継続を信じられるか?|150pipsの値幅で挑戦 AUDJPY, EURGBP

戦略2 GBPJPY

こちらの戦略は育成計画参加者限定でお伝えしていたものです。

トレンドラインを発見したので共有させていただきました(•̀ᴗ•́)و ̑̑

戦略:トレンドラインで逆張り

難しい相場で撮りたいスタンス、選択的怠惰とは?保護中: 難しい相場に遭遇した時のスタンス、選択的怠惰とは|いま注目しているトレンドライン

ということで、今回は以上の2つの戦略の結果を紹介していきます。

FXトレンドラインの役割と活用法 正しい引き方とは一体。。 

AUDJPY:トレンドを信じてみた結果

トレンドを信じるか信じまいかという話だった

水平線が間近に迫っていて、いつトレンドが終わってもおかしくないという状況でしたね。

それでも、トレンドが続くと信じられる者のみが!MA反発を狙い給え!という神のお告げが聞こえてきたのでした。

いかがでしたか?トレンドを信じることはできたでしょうか?

私は、怪しい雰囲気をかんじながらもMA50が意識されていると判断しました。

トレンドの継続を信じてエントリーです。

チャート神よ、御加護をください。

損切:MA50と直近の安値に設定

利確:直近の高値に設定

急に落ち着く上昇トレンド

おやおや、なんだか長いことおMA50と仲良ししちゃっていますね。

これはこのまま小さくもみ合って、転換するパターンも濃厚になってきました。

結果…

最後の最後の上ヒゲで、利確するという奇跡。

昔からこのブログを見ていてくれる人はわかると思うんですが、ギリギリ利確ばっかりしているような?

いや、これも自分のスタイルの一つとして、受け止めておきましょう。

本当はもう少し余裕で利確したいですが、仕方がありません。

わたしの鉄板トレード保護中: 『私の鉄板トレード』を説明できますか?|FXトレードで勝てる人になるためには…

GBPJPY:逆張りの行方は?

トレンドライン目前で上げ渋って

トレンドライン直近になって、上げ渋りましたね。今回は短いローソク足が連なったことを上げ渋りと判断しました。

下位足ではレンジのような動きになっているということですので、買いと売りの力が均等になった証拠です。

ということで、売りエントリー (๑`・ᴗ・´๑)

損切:トレンドラインの外側に設定

利確:レジサポラインに設定

結果!

即、決まりましたね。

予想に反してトレンドラインをブレイクしてしまいましたが、利益確定後の話なのでセーフとしましょう٩(๑•∀•๑)۶

結果と反省

64.4pipsの獲得となりました。EURGBPではトレードできず。

大枠の流れは予測できなかったですが、小さい波を狩れたのでなんとかなったという感じでしたね。

戦略をしんじられるか?

  • 反転間際の攻防で自分の戦略を信じてトレードできた
  • たまたま勝てた感じもするが、これもまたトレード
  • 利確を水平線や直近の高値に設定したことで勝ち逃げにつながった

今回のトレードで、再確認したことがあります。

トレンドを信じられるか否かを言い換えると、「自分の戦略を信じられるか否か」だと思うんですよね。

戦略を信じられない者に、本当の意味での勝利はあり得ません。たまたま勝つことしかできないトレーダーになってしまいます。

最近のトレードを振り返ってみてください。戦略を信じてエントリーできていますか?

この戦略で負けるなら仕方がないと納得ができていますか?

もし信じる気持ちを抱けていないのであれば、エントリー根拠が足りていない証拠です。

チャートをより丁寧に分析するか、トレードを見送るかすることが必要だと思います。

さすれば道はひらかれん。

ではではチャート神に感謝して、来週もがんばりまーす (๑`・ᴗ・´๑)

関連記事

FXの水平線の引き方・見つけ方|反転を予測する力を獲得せよ FXでも仮想通貨でも株でも暴落する前に逃げ切るならここをみて保護中: なぜ為替が暴落する前に決済することができたのか。50pips獲得したトレードから振り返ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です