【戦略】勢いのいい相場は放置!こっちの方が簡単そう|EURGBP, GBPAUD, USDJPY

来週のFX予想 EURGBP USDJPY GBPAUD

こんにちはー!100Lotでトレードする夢を見ました、こたつです!生きた心地がしなかった。

今日は来週以降の戦略を紹介していきます。

EURGBP|4時間足のラインを足がかりに!

週足

ユロポンは緑のラインで挟まれたレンジの中で推移しています。

最近はオレンジ枠内に制限されているような気がします。

以前、下側のオレンジラインで反発した時(画面中央)に、発生した上ヒゲがありますね。

その折り返し地点が、オレンジ枠の高値ラインになっています。

今回も、同様に2本の水平線の間で反発が起こっているって感じですね。おもしろー⊂(◉‿◉)つ

このまま下側のオレンジラインまで下げるのでしょうか?

日足

高値ラインでトリプルトップをつくったあとは、ジワジワ下げ続けていますね。

このまま安値ラインまで行くとしたら100pipsの値動きが期待できます。

ぜひとも下げの波にのりたいところです(۶•̀ᴗ•́)۶

下位足を見てみましょう!

4時間足

4時間足を見ると、緑のラインで反発が起こっていることがわかりました!

もうすぐ緑ラインにタッチするので、反発し次第、売りで勝負すれば良さそうですね!

戦略:緑ラインで反発売りエントリー

でもあれですね。今すぐ落ちてもおかしくないローソク足の形ですね。酒田五法の三兵の先詰まり感あります。

下がったら下がったで、しかけちゃおうかな。

酒田五法|ローソク足のパターンからトレンド転換を察知する

GBPAUD|ソーサーボトムのネックに注目!

週足

GBPAUDは紺色のラインで挟まれた三角持ち合い相場です。

レンジ相場と同じく、ライン反発の流れにのればOKですね。

最近ではいよいよ、反転サインのソーサーボトムがしっかり確認できるようになりました。

緑ラインがネックラインになると思います。

ネックラインを上抜けたら強めの上目線で見ていこうかな。

ちょっとここで、どれくらい上昇するか見当をつけてみましょう。

セオリーでは、ソーサーボトムの最安値からネックラインまでの距離と同じだけ上昇すると言われがちです。

上の画像は、フィボナッチを利用して距離を測ってみたの図ですね。

ネックラインを抜けたら青ラインが次の大きな節目となる確率は高いと言うことです。

ちょとずれていますが、水平線も近くにあるので、過去の高値や安値がたまっていると考えられます。

ネックラインをブレイクしたら押し目になるたびエントリーすれば結構稼げるかもしれませんね(۶•̀ᴗ•́)۶

値幅観測で利益を伸ばす具体的な手法・とあるインディケーターを使って楽々観測

日足

現在ネックラインに挑戦中ですね。直近だけでも3連続でトライしています。

最後のトライでやや高値が更新されているので、トリプルボトムにならずにブレイクするかもしれません。

ブレイクしたら矢印のように押し目でエントリーして100pipsぐらい稼ぎたいと思います٩(๑•∀•๑)۶

戦略:ネックラインブレイク後押し目買い

ひまわり証券

USDJPY|チャネルラインを信じて勝負!

週足

ドル円は直前の高値にトライ中です。

買い手と売り手の攻防があることでしょう。下位足を見ていきましょう。

日足

日足ではチャネルラインが形成されています。

これは強い味方になってくれそうですね。

緑のラインをブレイクするかはわからないんですが、

当面の間はチャネルライン内を行き来すると信じて、トレードしていきたいと思います。

チャネルの寿命は残り少なそうですけど、1回か2回はチャンスがある気がします( •̤ᴗ•̤ )

4時間足

4時間足チャートを見ると、エントリーの機会を逃していることがわかりますね(笑)

下線まで到達するのを待ってもいいし、下位足の下降トレンドに乗ってもいいし、

お好きなようにやればいいんですが、

下側のラインまで100pipsはあります!私は勝負していくよ (๑`・ᴗ・´๑)

戦略:1時間足以下の下降トレンドでトレンドフォロー

西原宏一のトレード思考パターンセミナー

戦略まとめ

  • EURGBP:4時間足のラインで反発エントリー
  • GBPAUD:ネックラインブレイク後押し目買い
  • USDJPY:1時間足以下の下降トレンドでトレンドフォロー

てな感じですね!これ以外のほとんどの通貨ペアが激しく値動き中なので、あえてそこには手を出さずにいこうと思います。

デイトレ〜スキャルの人はEURUSDとかで勝負したらよさげかもしんないですね。

それでは来週も生き延びましょう (๑`・ᴗ・´๑)

メルマガ登録お待ちしています!↓のフォームからよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です