ドル円改良トレードの結果 | トレーダーとして早く成長するための詳細


ポチッとクリックお願いします

クリックすればこのブログが何位かわかるよ^^/


こんにちは〜。寒暖差が激しい今日この頃、みなさんお身体の調子はいかがですか?

私は生姜を刻んで入れ味噌汁の美味しさに気づいてしまい、冬は生姜味噌汁で行こうと決意しました!

今日はドル円のトレード結果(改良版) についてお届けします。

 

改良前のトレードとは

↓こちらの記事にてドル円の見立てをしていました。

USDJPY見立て あのラインを抜ければ上昇か!?

要約すると

三角保ち合いのネックラインに到達しそうな場面、

上抜けに期待して買いで入れそうになったらエントリーするぞ とのことでした。

 

 

そのトレードの結果はというと、、

USDJPY結果 | トレンドラインを消さない方がいい理由

こちらも要約すると、

エントリー時点から70pipsの上昇がありましたが、

利確ラインを設定せずにMAに追随させる形を取ったので20pipsの利益に終わってしまいました。

しかし、70pipsの上昇波は事前に引いていたトレンドラインで反発していたので、

そのトレンドラインを利確の目安にしなかったことが浅はかだったと猛省したのです。

という感じでした。

過去のトレンドラインが忘れた頃に効くこともある!というのがこのトレードで得た学びです。

 

改良後の作戦

  • 再び上方向に伸びていきそうな気配有り
  • トレンドライン手前で撤退すれば大きな利益が見込める

前回の反省を生かして、トレンドラインを決済目安にロングで仕掛けることにしました(•̀ᴗ•́)و ̑̑

 

エントリー場面

1時間足で反発の予感を抱く

画面下ピンクの水平線を前に何度も安値を更新できていないことが確認できますね。

これを見て、このラインを下抜けるほどの力はないと思い、上目線でエントリーに踏み切りました。

 

日足で利確ラインを設定

ここで前回の反省を踏まえ、トレンドラインの手前に利確ラインを設定します。

前回は利確ラインを設定しませんでしたが、今回は再び、トレンドラインで上げ渋ることことを想定していきます。

 

途中経過

MA20にタッチしないほどの強い上昇です。

エントリー後は押し目をあまりつけずに上昇して行ってるので、

なんとかエントリーに間に合った感じですね。よかった( •̤ᴗ•̤ )

損切りはMA 20の下に移動しておきます。

 

その後、

水平線に到達しました。水平線で大きく反発する様子もなく、この上昇トレンドが勢いを保ったままであると見ることもできます。

ただ、画面左側を見てもわかるようにこの水平線付近で細かく揉み合っていますね。

過去に揉み合いが発生した水平線はその後も揉み合いに転じやすくなる傾向もあるので、しっかりと損切りを移動して様子見をします。

 

頼む。あげてくれ。頼む。

あとはお得意の神頼みで見守るしかありません(・∀・)

 

結果

ふふふ。水平線突破をきっかけにヒュンと上抜けし、無事、利確ラインに刺さりました!!!

なんと95pipsの獲得となりました。

 

つい先日まで、70pipsの波をとり逃すようなアマちゃんだった私でも

トレードを振り返り、チャートから得た新たな気づきを反映すれば、大きな波を取ることも可能ということを証明できた気がします٩(๑•∀•๑)۶

やったよ 神、ありがとう。

 

まとめ

  • 少しの改良が大きな利益につながる
  • トレードを見返し、ちょっとの気づきを試す姿勢が大事
  • トレードに終わりはなく、日々精進である

もし、トレードをしているのに、記録を残してないよという方がいましたら、即刻記録を残した方がいいと思います。

私がほんの少しの気づきで20pipsの獲得から95pipsの獲得に成功したように、

-30pipsの人が+45pips獲得するために必要なのは、たった一つの気づきかもしれません。

 

同じ通貨でも、トレンドによって毎回毎回癖は違います。

トレードノートを見返すことで直近の分析の見落としに気付けるかもしれません。

 

そしてその気づきをトレードに反映していくことで、

より大きな利益をより安全に狙えるようになっていけるのではないでしょうか(•̀ᴗ•́)و ̑̑

成長度を早めたいなら自分のトレードをしっかりと分析することだと思います。

頑張ろう、トレーダー(۶•̀ᴗ•́)۶

 

勝ちトレーダー育成計画では、

リアルトレードというスタートに立つための必要な知識を体系的に学べる体制をとっています。

是非、下のフォームから登録なさってくださいね(๑・㉨・๑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です