FX初心者が陥る通貨ペア選びの罠

おはようございます。愛用しているコタツのコードを紛失したので、ホットカーペットで暖をとってるこたつです(´△`)

それでは今日もやっていきましょう。


ポチッとクリックお願いします

 

クリックすればこのブログのランキングがわかるよ


今日は通貨ペア選びについてです。

いきなりですが私、やってたんですよー( ノД`)大きな罠にコロコロとはまり続けていた時期があったんですよー。ひどいですよー(;▽;)

今回は、この罠にはまっている人を助けだす記事になります!

現在あまり勝率が良くないとお悩みの方は、当てはまっている可能性アリです。是非チェックしてみてください(`・ー・´)b

 全てのトレードは通貨ペア選びから始まる

いろんなトレードスタイルの方がいると思いますが、多くのトレーダーが通貨ペアを選択することから始めているんじゃないかと思います。

ずっと同じ通貨ペアを相手にするより、いろんなペアから最適なものを選んだ方が勝率は上がりますしねっ

罠とは一体・・

ここで早速、私がハマってしまった罠というのを紹介しますね。

「初心者はスプレッドの狭い通貨で取引するのをオススメします。スプレッドは馬鹿にできませんからね」

「取引量の多い通貨ペアを選ぶべきです。月間取引量ランキングからすると、EUR/USDが一番多いです」

とかいう言葉にまんまとハマってしまって、

ドル円やユーロドルばかり選んでいました。

なんて短絡的な( ´∵`)ふふっ

この言葉たちって、嘘じゃないんです。だけど、正しくはない選び方なんですよ。

これにハマってジリジリ損失は膨らんでいきました。

そんなへんな罠に陥ってしまったのは

通貨ペアの選び方を知らなかったのが原因だと思っています。

多分ですが、特に選別することなく「スプレッドが狭いから毎回ドル円です」「取引量が多いからユロドルです」と言う人は勝てていないんじゃないでしょうか。

いや、それで勝てている人もいるでしょうけど、私は、通貨をしっかりと選別するようになってからポツリポツリと勝てるようになったんです。

と言うことで! 実際に通貨を選別していきましょうヽ(‘ ∇‘ )ノ

取引量の多い通貨ペアから選ぶ

まぁ、鉄板ネタですけど、その通りなんですね〜。なぜかというと、精度の高いテクニカル分析ができるようになるからです。

取引量が少ない通貨ですと、急激な動きが発生する可能性が高くなってしまいます。

せっかく、移動平均線や、フィボナッチ、RCIなどを味方につけたとしても、それらをガン無視してびょいーんと価格が動いてしまうことも多々あります。(´・ ・`)まじか

だから、より多くのトレーダーが着目している取引量の多い通貨を選ぶのが大切になってくるんですね。

 取引量の多い通貨とは

f:id:nekofx:20190128153330p:plain

EUR/USDが1位、次いでUSD/JPYが2位ですね。私が負けトレーダー時代に選択していた通貨ですね。このランキングを見て選んでいたのかしら( ´∵`)

しかし、これは判断材料の一つに過ぎません。これだけで決めてはいけませんよ〜。

ちなみに私は、このランキングにのっとり

EUR、USD、JPY、GBP、AUD

この5つの通貨に絞って、チェックするようにしています。

これだけでだいぶ絞れましたね(๑`・ᴗ・´๑)

ドルストレートとクロス円について

ちょいとここで、注意しておきたいことがあります。

日本人はクロス円に手を出す傾向が高いそうです。これには、初心者の方々が馴染み深いという理由で、クロス円を扱っているという背景があります。

もし、あなたが理由なくクロス円を選んでいるならば、今日でそれはやめてしまいましょう。

しっかりとした理由に基づいて通貨ペアを選んでいきましょう

ドルストレートとクロス円が分からないという方は以下をお読みください。

ドルストレート

USDが絡む通貨ペアは全てドルストレートと呼ばれています。

先ほどの取引高からもわかるように、ランクインしているのは全てドルストレートの通貨ペアですよね。

このように取引量が高いことから、ドルストレートは突発的な動きが少なく、テクニカルも機能しやすいと言われています。

クロス円

一方で、USDJPY以外のJPY絡みの通貨ペアはクロス円と呼ばれています。

FX市場の基本通貨は米ドルなので、円は一度、米ドルに変えて取引されているんですね。というややこしいことをやっているので、JPYは他の通貨に振り回されるような形で、上昇下降することがあります。

選択しちゃダメと言うわけではないですよ。

 自分のトレードスタイルから選ぶ

スキャルピングをするならば、スプレッドの狭い通貨を主軸にやっていく方が望ましいです。

デイトレードなら、その時トレンドが出ている通貨を選ぶと稼ぎやすいいです。

スイングトレーダーなら、スワップポイントを重視したいところです。

 

EUR、USD、JPY、GBP、AUD

私は先ほど5つの通貨を候補にあげましたが、

もしスキャルピングに移行するならスプレッドの広いペアを除外する必要があります。

また、スイングトレードをするなら金利の高い通貨を追加でチェックする必要もありますね。

トレンドフォロワーにオススメ!力比べの方法

ここまでは、全てのトレードスタイルに通じるお話でしたが、ここからは、トレンドで勝負するのがお得意な人たちに向けてお話したいと思います。

これまでの流れで役者たちが揃いましたね(^^)こうなったらあと一息!

最終的に力比べをして、トレードする通貨ペアを決めていきます

最も買われている通貨と

最も売られている通貨をペアにして

トレンドに乗って一気に利益を得たい

という魂胆です。

最弱と最強のペアですと、トレンドも強く出ますし、そう簡単に転換することもないので扱いやすくなりますよね(^^)

力比べの手順

f:id:nekofx:20190129145307j:plain

これは、私が普段用いている表です。手順としては

1、各通貨ペアの各時間足での相場状況を書き込んでいく

2、力関係を読み取っていく

JPYはUSDとほぼ互角

EURはUSDよりやや強め

GBPはUSDよりかなり強い

AUDはUSDよりまあ強い と言った具合に

3、最弱と最強をあぶり出す

JPY=USD<EUR<AUD<GBP

GBPが最強。JPYとUSDが最弱

4、GBPJPYかGBPUSDのチャートを見て得意なパターンの方を選ぶ

はいっ!

これで、最も買われている通貨と最も売られている通貨のペアを選ぶことができました。

これはあくまでも例なので、

スキャルピングをする人なら 1分足〜4時間足を比較してみたり、

スイングトレードをする人なら 1時間足〜月足を比較してみたり、と調節する必要があるでしょう。

まとめ

  • 取引量の多い通貨ペアから選ぼう
  • 理由なきクロス円チョイスは卒業しよう
  • 自分のトレードスタイルから選ぼう
  • トレンドで勝負するなら力関係を明らかにしよう

通貨ペアは根拠を明らかにして選んでみましょう。そうすることで勝率あっぷにつながりますよ。がんばろー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です