【戦略】反発の兆しを発見!NEW三角持ち合いに気がつきましたか?EURGBP,GBPJPY,AUDJPY


本ブログをご覧くださりありがとうございます。

ワンクリックで応援よろしくお願いします。⊂(◉‿◉)つ


みなさんこんにちは〜、気が立ってる時は大抵満月、こたつです。

今日は見立て記事です!レッツゴー٩(๑•∀•๑)۶

トレンドラインにタッチ中 AUDJPY

日足

AUDJPY日足は、ここ数ヶ月上昇トレンドが続いております。

しかし、黄緑の水平線で高値が抑えられ、アセンディングトライアングルを形成したところでしたね。

レンジにならないことを考えると買い勢が優勢ということです。

4時間足

一旦はトレンドラインを下抜けたものの、安値を更新できず再び持ち合い内に戻ってきました。

このことからもまだ買い勢の力が残っているのかなと推測できます。

現在レートはちょうどトレンドライン上にありますね。

このまま下抜けてしまう可能性ももちろんありますが、

アセンディングトライアングル内で推移すると信じて戦略を立てました。

戦略:トレンドライン反発エントリー

利確目標は良く張ったとしても直近高値です。これまでの流れを見てもトレンドライン側にべったりなので

こたつ

このトレードの結果はこちら

水平線を味方につけてAUDJPYで45pips獲得水平線を味方につけたトレードで45pips獲得!レンジに乗り遅れないヒントがここにあり

三角持ち合いできました EURGBP

週足

ユロポンは週足レベルでのレンジ内に滞在中です。

高値ラインは綺麗に高値を止める傾向にありますね。

しかし、過去の動きをみてみると高値ゾーン内で折り返してしまうことも何度かあるようです。

現在位置から下方向へ転換することも大いにある、と言えそうです。

日足

日足では、三角持ち合いが形成されていることが確認できます。

MEMO
三角持ち合いは売り手と買い手の力が拮抗している現れです。また、エネルギーを溜めている最中なので三角持ち合いを抜けたら一気に値が動く可能性が高いです。ペナントと三角保ち合いの違いが5分で分かるようになる記事|AUDUSD見立て有り

三角持ち合いは相場の節目、つまり抵抗帯付近でたびたび形成されます。

どちらに抜けるかは分かりませんが、高値が切り下がっているのは事実です。

上昇トレンドではありますが、上目線は一旦休止するのが安全ですね。

4時間足

ユロポンの三角持ち合いは上弦と下弦を行き来するタイプです。

今後の展開では画像に記した矢印のパターンでエントリーができそうです。

戦略:下弦・上弦での反発エントリー

プラスアルファで「三角持ち合いをどちらかにブレイクしたら」を考えておきます。慌てちゃうとね、やっぱり人って何するか分かりませんから。

こたつ

下弦ブレイクしたら

  • 下弦か直近安値でレジサポ反発したところでエントリーする
  • レジサポ転換する間もなく落ちていったら、MA反発が確認できる時間足で勝負する

上弦ブレイクしたら

  • レンジの高値ラインも近いので様子見
  • 高値ラインでの反発で売りで入るのはあり

ここまで考えておけば大体のトレードはうまく行くか、トレードせずに終わるだけです٩(๑•∀•๑)۶

反発の兆しあり GBPUSD

月足

ポンドル月足ではトレンドラインでの反発が確認できます。

現在はトレンドラインに到達したところですね。

トレンドラインでの反発の兆しがあるか下位足で探ってみましょう。

週足

トレンドラインと前回高値に引いた水平線の交点でヒゲが発生している模様です。

反発の可能性が高まったように思います。

4時間足

上昇トレンドだったのですが、意気消沈。

ダブルトップを形成している気がします。

反転のサインですね。

ポンドルの値動きに関してですが、スピーディでダイナミックな印象を私は持っています。

なんか少し苦手意識があった時期があったのです(今もか)

ということで

今後の予定:ちょっと様子見

トリプルトップになるかもしれないですしね。

こたつ

4時間足以降でMA反発が確認できたら乗っかってみようと思います。


以上で今回の戦略メモは終わりです!

他にも狙えそうな通貨ペアもありますし、みなさんもしっかりと戦略を練って挑みましょうね。

Twitterでは他の通貨ペアの分析なども載せているのでチェックしてみてください(•̀ᴗ•́)و ̑̑

>>Twitterを覗いてみる

新着記事やイベントのお知らせが欲しい方はLine登録してね(•̀ᴗ•́)و ̑̑

なら

こたつはメルマガを配信しているよ!相場を分析する力が身につくとかなんとか。。とりあえず下の登録フォームから登録してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です