【戦略】2つのレンジ攻略の仕方に注目&反転パターン形成中|EURUSD,EURJPY,USDJPY

FX戦略EURJPY、EURUSD、USDJPY

みなさんこんにちは!寝付くまでに2時間は必要、こたつです。眠くないのかもしれない。。

今日は来週の戦略をお伝えします。2つのレンジに注目です!同じように戦うと危ないかもしれません。

EURJPY|基本のレンジの戦い方で勝負せよ

ユロ円は上がるも下がるもありうる微妙な展開です。だからこそなのかレンジが発生しています。

週足

ユーロ円は日足チャートの右側で上昇トレンドとなっています。

しかし、移動平均線(MA)との乖離が気になりますね。レートはMAへと戻るように動くので、いつ戻しが入ってもおかしくはありません。

逆に捉えれば、MAと乖離するほど勢いがいい状態が続いているということでもあります。

下位足の様子をみてこの勢いを活かせるか探ってみましょう。

日足

週足とは違って、日足のMAとはちょうどいい距離感を保っているようです。週足より日足を舞台にしてこのトレンドはそだっているようですね。

ただ、MA20や50で反発していると言ったような規則的な動きがないので、あまり戦略には使えないですね。残念!一旦週足の勢いの良さは忘れることとします。

紺色のラインに注目してください。直近の高値を更新できずに上げ渋っていることがわかります。

戦略に活かせそうな規則性として「紺色のラインをこえられない」ということが発見できました。下位足をみてみましょう。

4時間足

チャートの右側部分では高値だけでなく、安値もきりそろって THEレンジ となっています。

週足チャートで戻しがいつ起こってもおかしくないと言いましたが、このまま上昇する可能性もあります。

上げるも下げるも五分五分ですね(۶•̀ᴗ•́)۶

ですので、基本的なレンジの戦い方である、「レンジの上線で反発したら売り、レンジの下線で反発したら買い」をしかけていこうとおもいます。

戦略:4時間足以下でレンジの戦い方を続ける

ひまわり証券

EURUSD|レンジを反発のヒントに活用せよ

ユロドルはグイグイ上昇中!4時間足で上昇トレンドが発生しています(۶•̀ᴗ•́)۶

週足

週足のMA50をきっかけに2本の大陽線をつくりました。

週足の上げの波ですから、下位足では上昇トレンドとなっているでしょう。そのトレンドを戦場にしたいと思います。

4時間足

規則性発見です!

4時間足のMA20付近で反発しています。これをベースに戦略を練れそうですね。

しかし、ちょっとMA20にくいこみがちな部分もあるので、あくまでもMA20「付近」での反発ということを考慮しておきたいですね(•̀ᴗ•́)و ̑̑

1時間足

1時間足ではレンジのような形をつくりながらMAに戻しています。このレンジで力をためて4時間足のMA20付近でグンと上昇するつもりかもしれません。よくあるパターンです。

レンジの安値ラインで反発したら買いポジションを持ちたいですね。

こうすることで 4時間足のMA20反発+レンジ安値反発 のダブル根拠でエントリーすることができます

先ほどのユロ円とは違って、上昇傾向が強いのでレンジでの高値売りはしません。

戦略:1時間足のレンジの安値で買いエントリー

FXのトレンド相場とレンジ相場の見分け方から戦い方まで

USDJPY|反転パターン形成なるか?右肩で待機せよ

ドル円はトリプルトップを形成するのではないか?と思われます。注目です٩(๑•∀•๑)۶

週足

急上昇にようやく一区切りがつきましたね。

これが小休憩なのか、下降の始まりなのかは現段階ではわかりません。

日足

日足チャートではトリプルトップに発展しそうな動きとなっています。

これをもとに戦略を練っていきましょう (๑`・ᴗ・´๑)

4時間足

トリプルトップの右肩で売りに入る場合のシナリオを用意してみました。

左肩の高値ラインまで伸びて下落するパターンと、その次に意識されそうなラインまで下落するパターンであれば、反発のタイミングが読みやすいですね。

しかし、あくまで上位足は上昇傾向の方が強いので、早乗りのしすぎは注意です。

1時間足や30分足で反転のサインなどがでれば、売りで入ろうと思います。

戦略:トリプルトップの右肩で売りエントリー

戦略まとめ&戦略を立てやすくするヒント

  • EURJPY:4時間足以下でレンジの戦い方をする
  • EURJPY:1時間足のレンジの安値で買いエントリー
  • USDJPY:トリプルトップの右肩で売りエントリー

最近の相場は上位足と下位足で流れが拮抗して、やりにくいと感じる方もいるかもしれません。

そんな時は、上位足か下位足のどちらかにフォーカスすると戦略がたてやすくなります。

例:【上位足では反発しそう&下位足ではトレンドが続いている】→下位足のトレンドで勝負する

例:【上位足で反発しそう&下位足でトレンドが続いている】→上位足で反発してから勝負する

一旦、片方の情報を置いておくイメージですね。お悩みの方は是非試してみてください٩(๑•∀•๑)۶

それでは来週も素晴らしい一週間をお過ごしくださいね〜!

このブログではFXを一から教えるメルマガを配信しています。FXの勉強方法がわからないという方や、効率よくFXの知識を身につけたい方にぴったりのメルマガです。下記の応募フォームから登録してください(۶•̀ᴗ•́)۶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です