41pipsの勝利!大統領選前後のドル円と真っ向勝負した結果

大統領選前後のドル円で41pips獲得

みなさんこんにちは〜!ふるさと納税でカニを大量にゲットしました、こたつです!

今日はトレード結果の報告です。

トレードというのは、描いた理想の端くればかりが実現されるものなんですよね。まるで人生!(最後まで読めば言っていることがわかります)

それではいきましょう⊂(◉‿◉)つ

戦略を立てブレイク待機に入ル

時は大統領選前にさかのぼって11月はじめのことです。

USDJPYのアセンディングトライアングルに注目

ドル円 ディセンディングトライアングルの先端に程近く、ぶれいく直近とおもわれる。

ドル円はアセンディングトライアングルの先端にちかづいておりました。

アセンディングトライアングル:高値が切り下がり安値が水平線に支えられるタイプの三角持ち合い

どちらに抜けるかはわかりませんが、もうすぐブレイクがあることだけは確かです。

なにか、きっかけがあればこのような持ち合い相場はあらたな動きを見せます。

もちろん、大統領選などはブレイクのきっかけに充分なりえますね。

戦略:ブレイクの波に乗れた乗る

ってなかんじで漠然と戦略をたてて、ブレイクのタイミングを見計らっておりました(•̀ᴗ•́)و ̑̑

トライオート

投票日に動き出す相場

そしてブレイクが発生したのは11月5日、大統領選投票日の翌日のことでした。

水平線を華麗に突き抜ける動き

ドル円 ディセンディングトライアングルの下線をブレイク。

長らく意識されていた水平線をとうとうブレイク。

チャートは上方向にはゆっくり、下方向にはスピーディーに動く傾向があるので躊躇している暇はありません。

いざ、エントリー

USDJPY 1時間足長く伸びる大陰線。エントリーを決定。

ということでエントリーしたのですが、実を言うと、今回のエントリーには規則性もなにもありません。

ただ「持ち合い相場で貯められてきたエネルギーは爆発する」という規則を味方につけているだけです。

正直いってこれだけでエントリーするのは甘いですね。今回のエントリーは参考にしないでください。

損切りはしっかりと設定

損切りは5分足の戻り高値に設定。

漠然とした大波にのったつもりでも、性格がでますね。

損切りは5分足の戻り高値に設定しました。割とタイトな損切り設定で小心者ぶりが露呈していますね (๑`・ᴗ・´๑)愉快

ヒゲで戻してしまうことも想定して、少しでも上昇をとめてくれそうな抵抗帯にすがってみました

エントリーにたいした根拠がないにしても、損切りを設定してさえいればトレードの損失はコントロールできます。ひとまず安心です。

とある前兆を把握する土曜日

土日になりチャートを見ていると、ドル円に上昇の前兆がでてることに気がつきました。

1時間足で上げ渋りを確認

土曜日の段階で、下げしぶりを感じ、上昇がくると推測していた。しかしポジションを保有していたままだったので不安になる。

7日の土曜日の見立てに使用した画像です。INポイントはしるしておりませんが、水平線のすぐ下でエントリーしています。

土曜日の時点で私はこの下降トレンドは終わってしまうのだと判断しました。

そう判断した理由はこの2点からです。

  • 下げ率が極端に落ちている
  • 直近の安値更新できていない

一刻も早くポジションを決済したいところですが、営業日ではないのでどうすることもできません。

月曜日の朝に急激な動きが起こらないことを祈って土日を過ごしました。

「私は、言い知れぬ不安から逃れたかった」

ええ、それはもう熱心に『ピクミン3 deluxe』をやり込みました。FXから逃れるための手段を私は知っているのです。あなたにはありますか?

\5000円獲得のチャンス/

ゴールデンウェイ・ジャパン

週明けにほっと一安心、かと思いきや

月曜日、無事にポジションを決済したのち相場は急上昇。ことなきを得る。

週明けにはピクミンをクリアして、ポジションも無事に決済でき、ほっと一安心。していたところに、

特大昇竜拳のおでましです。

びびびっぐ、、です。

利益を守れた安心感の奥から、エントリーしておけば良かったという気持ちが顔を出したのを覚えています。

昔の私であれば、転げ回るほど悔しがっていたでしょう。

しかし、今回はどう考えても予期できていない場面でしたのですぐに諦めがつきました。

見立てでは「一旦あげてもレジサポ転換で下げるかも」と下目線で見ていたぐらいですから。→例の見立て記事

悔しがるべくは昇竜拳を予期していたのにエントリーできなかった人ぐらいでしょう。

昇竜拳には乗れなかったのですが、今回の勝負はここで終わりではありません。

再び戦闘モードに入ル

改めてチャートを見ていると、未来が見えてきました。これはエントリーするしかありません。

日足で抵抗帯タッチ中を把握

日足で見ると、ディセンディングトライアングルの上線まで到達していることがわかる。

日足で見ると、ディセンディングトライアングルの上線にタッチしていることがわかりました。

そのことを念頭において1時間足を見てみると、、

1時間足で反転のサインをゲット

ドル円 1時間足ではディセンディングトライアングルの上線手前に上げ渋りが確認できる。

青マークの高値を更新できていません。

ディセンディングトライアングルの上線を前に上げ渋っていますね。

トリプルトップになりそうな気配もあり、ふたたび下方向へと反転すると推測してエントリー(۶•̀ᴗ•́)۶!!

  • 損切:直近の高値の上に設定(ここを抜けたら上目線確定だから)
  • 利確:直近の安値に設定(抵抗帯になりうるから)

道のりは険しく

第二戦は一戦目よりも厳しい相場でした。

いたずらに損切り手前まで上昇するドル円

損切り手前で上昇するが再び下降。上目線なのか。

かすかに高値を更新していますね。

加えて、上昇トレンドよろしく、伸び始める3本のMA。

不吉です。もうこれは損切り覚悟です。

かと思いきやしっかりと下げ始めるドル円

しばらくすると下降し始めた。損切りを建値に移動。

先程とは打って変わって、下げ始めました。やりました!!

素早く損切ラインを建値に移動します。これでもうなにも怖くないです。

私のポジを損切ってから利確ラインまで下げるドル円

損切りラインに刺さってから利確目標までいくというパターンで終了。

はい、「建値に移動した損切りラインに刺さってから見立て通りにうごくやつ」です。

く、く、くやしい。30pips、、、。

結果と反省

FXトレード収支 1回目38.9pips 2回目2.5pips

ということで今回は2戦で41.4pipsの獲得となりました。

特大昇竜拳にのれたら最上級に素晴らしいトレードとなったのでしょうが、実際はうまくいきませんね。理想通りのトレードができずに凹んでいるうちはまだまだです。

だれでもうまくいかないんだから諦めましょう。吹っ切れたほうが楽ですよ。

以下反省点です。

  • 手動で決済のタイミングは良かった
  • 損切手前までレートが近づいたことで損切りの恐怖を抱いた
  • 恐怖感から建値移動が雑になったか
  • 損切は「押し目の安値」「戻しの高値」などを利用して移動すること

今回は損切りを建値に移動した際の無根拠具合が反省点です。精進します。

当ブログではFXをポンポン学べるメルマガ配信中です!下の登録フォームから登録してくださいね(۶•̀ᴗ•́)۶

1000通貨までドル円スプレッド0!

SBIネオモバイル証券(FX)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です